Miri'sライフスタイル~Never stop dreaming☆~

自分のライフスタイル・日々の出来事など 思ったことをつぶやきます。 理想のライフワークを目指して がんばっています。

こんにちはMiriです☆
ご訪問ありがとうございます♪


私のライフスタイル☆を紹介していきますので
よろしくお願いします。
休みの日はカフェでのんびり過ごしたり、
自由なライフワークを目指して勉強中です。
雑貨屋さんめぐりが大好きです。



IMG_7881

お休みを取って軽井沢へ。


平日でしかも少し早めに出たので
予定より早く着きました。


・・・が、しかし

駐車場に止めてからカバンの中の財布を
取り出そうと思ったら。。。ない!


ヒェー!!どうしよう!なんで??

一瞬、頭の中が真っ白。


なんて悩んでいる場合ではない。
早くお財布を取りに行かなくちゃと
思い、慌てて50㎞ほどの距離がある自宅へ
トンボ帰り(/TДT)/


自宅に向かう途中もなんども
カバンの中と助手席の椅子を
確認したけどないので
「やっぱ忘れたんだ。」
と諦めました。


1時間半くらいで自宅に着き、
入っていると思われるバックの
中を確認すると。。。なぜかない。


えっー!!どっかに落としたの!?
そのときはとても意気消沈して
いました。

 

「いつどこで落としたんだんろう...」
もうパニックになっているので
思考が停止状態。



しばらくして、うっすらお財布は行くとき、
バックに入っているのを確認していたことを
思い出し、「あるとすれば助手席の下?」


車に戻ってヒョイっと助手席の下を
のぞくと



「あったーっ!Σ(・ω・ノ)ノ」


少し経ってから、なんでそこを
初めに確認しなかったのか、
ちょっと自分を責めました。




「あー、せっかく会社を休んで軽井沢
でゆっくり過ごそうと思ったのに!」

 



このまま行くのやめようかとも
思いましたが、やはり行きたい。




行けるところを絞って
再度、軽井沢へ行くことに。



ネガティブな状態で行くのはイヤなので、
軽井沢へ戻るときにこの出来事を
ポジティブな考えに置き換えてみました。









行こうと思っていけなくなった
場所は私にとって今回は必要なかった。



お財布があったときの安堵を感じたとき
お金のありがたみがわかった。



●「
ない」と思えばない「ある」と思えば
ある。




平凡な毎日は当たり前ではなく、一番の幸せ






と、いった具合でお財布が見つかり、
ポジティブな気持ちに切り替えることも
できたので周りの景色がさらに清々しく
感じました。




IMG_7851


BlogPaint



結果オーライ♪


軽井沢に着いたのは午後1時半過ぎ、お腹ペコペコ(´・ω・`)

ヴィーガンレストランでランチをいただきました♪

詳しくはコチラ
  ↓↓↓

☆美容ブログ☆
軽井沢のおすすめスポット(美肌・デトックス)









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


IMG_4314


明日は以前から予定していた軽井沢へ。
日帰りですが、ゆっくりと過ごす予定。


天気もよさそうなので良かったっです。


温泉に入ったり、気になるビーガンカフェに行ったり、
森の中にこもったりします^^


考えるだけでもワクワクします♪


なんか明日はすごく心も体もリフレッシュができそうです。



ここのところ、自分の心に正直に生きているので
今回の休みもとても良いタイミングだったと
思います。




休む罪悪感もなく、ホント心の底から「お疲れ様」
「良く頑張った」と自分に素直に言うことができるように
なりました。



わがままに生きると言うより自分らしく生きている
と感じています。




気持ちが時々窮屈に感じることはありますが、
未来に目をくけると開放的な気分になります。


未来から心地よい風がふわっと体を包み込むような感じ。



と思ったら今、窓の外から夜風がふわっと入ってきて
気持ちがいい^^



もうすぐやめる会社の上司にも
「これからは自分の未来のために生きます。」
と素直な気持ちを伝えました。



そしてしばらく私の夢を黙って
聞いてました。



話した後はとてもスッキリした気持ちに
なり、明日からの休みが満喫できそうです。






お読みくださりありがとうございます^^
ブログランキンに参加しています。

最新美容ブログ

お読みくださりありがとうございます^^
ブログランキングに参加しています 

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


flowers-vase-decor-interior-870512


自分がこうして理想のライフスタイルを
目指していると、
娘たちの将来というのは親が
「あーだ、こーだ。」と
親の経験値でアドバイスはしない方が
いいことがわかります。




私が子供の頃、親からよく言われたこと
「Miriの将来はお嫁さん。」なんて
言われ続け平凡な家庭を気づくことが
「1番の幸せ。」みたいな刷り込みが
ありました。



私も素直に
そうだと思ったからそういう人生を
望んでいました。



でもそもそも他の世界のことを
全く見ようとしなかった。




「デザイナーとか作家なんてよほどの才能が
ある人がなるもんだ。」と。



「たくさん努力をした人が成功する人」という
固定観念がありました。


今でも世の中にはそう思っている人が多い。



今は私も親となり、そして40代後半だ
というのに夢へと向かっています。



年齢は関係ないということも
気づきました。




子供の将来は見守ることが一番。




今年、娘が2人とも受験。



とにかく本当に行きたい学校で
楽しい学生生活を送って欲しいと
ただそう思うだけ。



しかし、お姉ちゃんの方はつい最近まで
なかなか行きたい大学が見つかりませんでした。




どうやら私の収入で
「大学なんて行っていいのだろうか?」
という不安があったようです。




高校の友達の大半は大学の決め方として
まずは親の希望のところ。



しかも
「お金のかからない国公立で
自宅から近い大学」
という親の意見が多いようです。






うちの娘も当然、うちはシングルマザーだから
そういう基準で選ばないといけないと思っていた
みたいで^^;




しかも「大学に行かない方がいいのではないか?」
とまで思ってようです。




当然、私はそのことを否定。



「行きたいと思った大学に行きなさい。」
と言いました。



そして2つの質問を娘にしました。


「自分が本当に学びたいことは
何か?」


「見つからない。」と言うので次に



「今、得意としているものは?」

「それを将来、伸ばしていきたいと思っているか?」


の2つの質問を投げておき、数日間は答えがでるまで
様子を見ていました。






そして数日後、「この大学めっちゃいいー❤」
と満面の笑みで私に言ってきました。




で、学びたいことが見つかり、
大学もぴったりのところがあり
タイミングよくオープンキャンパスも
あったのでに2人で行ってきました。




娘はその大学の説明を聞きながら
終始満面の笑み^^


口角が上がりっぱなしで
そのワクワクが私にまで伝染していた。






私はその顔を見て
「おお、いい感じ。」
と思いながらとてもうれしく
思いました。





そこの学生さんや先生がとにかく
とても明るい!


いろんな質問にも熱心に話をしてくれます。



私もここでのキャンパスライフがとても
有意義になるという確信がありました。



っていうか私が行きたい^^



娘も学校でいくつか県外の有名大学を見学に
行っているのですが、その中でもこの大学は
カリキュラムが充実していて一番いい、と言って
いました。


pexels-photo-267885



志望校も見つかり、大学での楽しい
キャンパスライフを娘は描き始めてワクワクが
止まらないようでいます(゚∀゚)




元々、テンションの高い娘ですが
ますますテンションが高くなりました。




"自分らしく、もっとなりたい自分になればいい"


と思います。






憂鬱な雨に神秘的な癒しのハーブティーがおすすめ♡


最新美容ブログ

お読みくださりありがとうございます^^
ブログランキングに参加しています 

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ